こんにちわ。うーです。

パッチ4.3で追加された極ツクヨミ討滅戦を、学者で遊んできました。
20180526-1

初見と練習PTで様子を伺ったあと、FCメン数人とクリ目PT募集。

最終Pギミックがかなり不安でしたが、大きなミスもなく一発クリア。ホッとしました。


零式をやることなく、数ヶ月エウレカと蛮族デイリーで過ごす日々だったので、久々の高難易度コンテンツは緊張しましたが、それ以上に楽しかったです。


ドロップしたモ武器はFCメンの手に。

たぶんきっとおそらく、学武器は10回通うことになるでしょう..



さて、学者ですがパッチで妖精の挙動が変わり、以前に比べ扱いやすくなりました。

アビ発動がスムーズになり、”使ったつもり”が非常に減ったので、ストレスフリーです。


光の囁きアビ化によりラウズとフェイイルミネーション効果が乗らなくなったのは残念ですが、個人的には妖精の使い勝手が格段に良くなったので良パッチ、という感想。


学者の相棒である妖精、今後ますますの活躍を期待です。



ではでは。

人気ブログランキングへ
 ← FF14情報が満載です +。:.゚ヽ(*´∀`) ノ゚.:。+゚